山口県弁護士会仲裁センター

仲裁センターは、何をするところですか?


    仲裁人が、申立人と相手方の双方の言い分をよく聞いたうえで話合いによる
問題解決(和解)のあっせんをします。
その過程で、仲裁人に判断をゆだねてもよいということになれば仲裁人に
仲裁判断をしてもらうこともできます。


どのような問題が生じたときに、利用することができますか?


    事案の種類や金額の多少は問いません。お金の貸し借りや借地・借家のトラブル、
交通事故の損害賠償、建築をめぐるトラブル、離婚問題、遺産問題、境界、日照など
隣人間のトラブル、解雇・セクハラ問題など、さまざまな事案に幅広く利用できます。


どんな人が仲裁人になるのですか?


    経験5年以上の弁護士が仲裁人になります。
事案によっては、医師、歯科医師、行政書士、不動産鑑定士、建築士、社会保険労務士、
土地家屋調査士などの専門家が弁護士と共同して和解のあっせんや仲裁を行います。
仲裁人を当事者間の合意で選ぶこともできます。


時間と費用はどのくらいかかりますか?


    2~3回の期日、3か月以内で解決できるよう努力します。
費用は申立てに10,000円、期日手数料1回5,000円のほか、成立手数料がかかります。
成立手数料は、次の表のとおり、解決額に応じて定まった額を当事者双方(原則として折半)で
納付していただきます。
 
  紛争解決額  当事者の負担割合
(原則として当事者双方で折半)
  100万円以下の場合  8%
  100万円を超え300万円以下の場合  5%+3万円
  300万円を超え3000万円以下の場合  1%+15万円
  3000万円を超える場合  0.5%+30万円
 
※その他、例えば弁護士法23条の2に基づく照会の費用など、実費がかかる場合は、
その利益を受ける 当事者(双方の利益のために行われた場合は折半)で実費額を
負担していただきます。


申立てはどうすればいいですか?


    まず弁護士による法律相談を受けてください
(山口県弁護士会法律相談センター:電話0570-064-490)。
そこで相談担当弁護士が仲裁手続についてアドバイスをします。
必要があれば申立書の記載方法を説明します。




    *クリックすると大きくなります。



このページの先頭へ