弁護士会からのお知らせ

3/31(土) 働き方を考える〜すべての人が人間らしく生活するために〜

2018/02/18
  日本弁護士連合会貧困問題全国キャラバン

     □□□   働 き 方 を 考 え る   □□□
       〜全ての人が人間らしく生活するために〜

 最低賃金は、全ての労働者(特に非正規雇用労働者)の生活を守るため、賃金の最低額を保証する大切な制度です。
本キャラバンでは、鳥取県の取り組みを紹介しながら、最低賃金が決まる過程やそのあり方を学び、さらに、日弁連の調査を踏まえながら、最低賃金の引き上げに向けた法制度と運用面の課題を検討し、これからの働き方について考えていきます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1 基調講演
     最低賃金制度のあり方を考える
      〜全面公開を実現した鳥取地方最低賃金審議会の経験から〜

      藤 田 安 一 氏(鳥取大学名誉教授、元鳥取地方最低賃金審議会会長)

  2 招待講演
     最低賃金引上げに向けた法制度と運用面の課題
      〜日弁連調査を踏まえて〜

      猪 股 正 氏(弁護士、日弁連貧困問題対策本部副本部長)

  3 パネルディスカッション
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆日   時  2018年3月31日(土)13:00〜16:30
    ◆場   所  山口市民会館(山口市中央2−5−1)
    ◆問合せ先  山口県弁護士会宇部地区会 TEL:0836−21−7818
    ◆主   催  山口県弁護士会
    ◆共   催  日本弁護士連合会、中国地方弁護士連合会
このページの先頭へ