弁護士会からのお知らせ

高等学校での消費者教育のご案内

2015/11/11
1 事業の概要

  近年は、若年者が法的トラブル(悪徳商法による被害、架空請求による被害、インターネットに
  関するトラブル、多重債務問題等)に巻き込まれてしまうケースが増加しています。若年者が
  こうしたトラブルによって甚大な被害を受けることを防ぐためには、一定の法律知識の習得が
  不可欠となります。
  そこで、当会では、高校生を含む若年者の消費者被害防止のためには法教育への取り組みが
  重要であると考え、平成16年度より当会所属の弁護士を無償で高等学校に派遣して消費者
  教育に関する講義をさせていただいており、毎年多くの高等学校にご利用いただいております。


2 講義内容の一例

  ●契約に関する基礎知識
    契約の拘束力/名義貸しの危険性/保証契約の危険性/その他

  ●身近な消費者トラブルとその予防・解消法
    架空請求/出会い系サイト/訪問販売/キャッチセールス/デート商法
    インターネットショッピング/マルチ商法/多重債務問題/その他

  ●相談窓口の紹介
    消費生活センター等

    上記は一例であり、内容に関するご要望には極力添わせていただいております。
    一例を挙げれば、消費者問題に関する専門機関である山口県消費生活センターと共同で
    授業をさせていただいたというようなケースもあります。


3 お問合せ先

  当事業の実施要領、お申し込みから実施までの手順等の詳細につきましては、
  下記の連絡先までお問合せください。

       〒741−0061
       山口県岩国市錦見1−10‐17
        山口県弁護士会岩国地区会 担当:大谷
          電 話:0827−43−2183
           FAX:0827−43−2112


  なお、当事業は基本的に高等学校を対象にさせていただいておりますが、高等学校以外からの
  ご依頼につきましても可能な限り「出前講義」にて対応させていただきますので、弁護士による
  消費者問題に関する講義をご希望される場合は、当会HPの「弁護士の出前講義」のページを
  ご参照ください。
このページの先頭へ